よっしーのブログ

2020年8月28日 (金)

elsport ケース製作

今回はサスペンションケースの製作方法です。(^O^)/

倒立式サスペンションにシェルケースがございます。

スイフトスポーツはフロントが倒立式でリヤがが正立式です。

2013104104225左が倒立式、右が正立式

まずケース長を合わせたり、純正ブラケットを取り付けるために旋盤

で加工していきます。

Photo_20200828194901

左が加工後、右が加工前寸法通りにカットしてトップはスプリング

シートを入れやすくするために加工します。

下側は純正のブラケットに合わせて削っていきます。

次にロッドを止める底蓋を溶接いていきます。

Img_6573

中心のネジ部にロッドが付きます。底蓋の深さは深く溶接してしまう

とストロークがなくなってしまうためなるべく浅く溶接しています。

今回は減衰ダイヤルがサスペンション下部から出ないようにギリギリ

に溶接!!!(*^▽^*)

 

次にケースの中を加工していきます。

Img_6700

ケースのトップにはゴミが入らないようにシールを付けるためにケース

の内径を広げます。

最後に純正ブラケットを純正サスペンションと同じに溶接したらケース

の完成です。(*^▽^*)

Img_6701

この後に磨いてメッキをかけます。

これでシェルケースの完成です。(*^▽^*)

 

 

 

 

 

2020年7月10日 (金)

elsport 純正サスペンション分解

こんにちは!!!

今回は純正サスペンションの分解を教えます。(*^▽^*)

elsportサスペンションはストラットのブラケットやブレーキライン、

センサーのブラケットは純正サスペンションから外して使うため

純正サスペンションが必要になります。(一部の車種は除く)

今回製作するのは私の車のスイフトスポーツ(ZC32S)です。

14

まずは純正サスペンションのデーター取りをします。

(ブラケットの位置やケースの寸法等)

データ取りが終わったら分解していきます。

まずは、中のオイルやロッド等取り外すため切っていきます。

52

次にブラケットをばらしていきます。

ブレーキラインのブラケットはドリルやプラズマカッターで外します。

ストラットブラケットは旋盤で外します。

747

純正サスペンションで使う部品はこれだけです。

次にブラケットの溶接部分やバリなどを整えます。

終わったらブラスターを掛けて塗装錆を落としたら

純正サスペンションでやることは終了です。(*^▽^*)

7486

 

 

 

2020年6月30日 (火)

ラリー車製作 シール剥し!!!

WRX STI(VAB) ラリー車は現在ほぼボディだけの状態になりました。

これからはアンダーコート、シール剥しをやっていきます。

これらを全て剥ぐだけで10kgぐらい軽くなります。

アンダーコートとシール剥しは結構地味な作業ですが大事な作業です。

剥ぎ終わったらボディ補強をやっていきます。

Img_7535 Img_7538 Img_7537

 

2020年6月27日 (土)

elsportサスペンション 1

elsportサスペンションキットはどんな物なのか、どうやって作っ

ているかを皆様に知ってもらえるよう公開しちゃいます。(^O^)/

まずはelsportサスペンションとは大きくはV1シリーズ、V2シリーズ、

V0シリーズがございます。

V1は車高調整式でV2は全長調整式、V0は純正形状になります。

V1やV2の中にはLSやDFAがございます。

LS(ロングストロークの略)はヘルパースプリングを入れることでスト

ロークを確保します。

DFAは減衰力調整式になります。当社は24段階調整可能です。

elsportサスペンションは基本フルオーダーメイドで製作をおこなって

おりお客様の走るコンディションに合わせてセッティングを行っております。

サーキットや街乗り、お車に合った仕様にさせて頂いております。

Sign_20200706102301 Sign-1 Sign-2

次回のブログはスイフトスポーツ(ZC32S)のV1-LS DFAの製作方法を公開します。

お楽しみに(^O^)/

2020年6月 4日 (木)

ラリー車製作 エンジン、ミッション、デフ外し

現在はまだボディだけの状態にするためにばらしてる途中です。(^O^)

今はE/G、M/T、D/Fやハーネス類も外していきます。

また、同時進行でアンダーコートやシールを剥がしていきます。

アンダーコート剥すのはすごく大変なんですよねwww

Img_7042 Img_7041 Img_6979

2020年5月29日 (金)

ラリー車製作(^O^)/

現在SUBARU WRX STI (VAB)の最終型をラリー車を製作し始めました。

ラリー車のボディ、ロールケージ、駆動系などラリー車はこうやって作っている所を大公開します。(*^▽^*)

今回は全日本ラリー選手権 JN1に出るためグループN規定で製作していきます。

まずは、ラリー車はボディの状態からではなく市販で売られている車から製作します。

なのでエンジン、ミッション、内装、外装など全て付いてる状態からスタートです。

まずは、ボディ補強、ロールケージなどやっていくためにボディだけの状態にしていきます。

今はこんな感じに内装、外装をばらしております。 

Img_6965 Img_6967

 

Img_6966

これだけばらしてしまうと配線やボルトなど何処についてたか忘れてしまうので忘れないようテープにメモしたり、袋に入れて保管したり写真をたくさん撮って管理します。(^O^)/

同時進行でエンジンもバラしていきます。

Img_6964

 

今のところはこんなところです。

また進みましたらブログアップしますね。(^O^)