RECARO関連

2019年10月 8日 (火)

SR-7(F) LASSIC廃盤・・・新たにSR-7(F) GUが誕生します。

今回発売のSR-7(F)GUはそれぞれにヒーターを標準装備したモデルが

誕生いたしました。

SR-7Fには従来通りオプションでアームレストを取りつけることが

可能です。

カラーの部分は東レのパンチングウルトラスウェードを採用

そのパンチングの穴の奥にはそれぞれ違ったカラーの生地で

ブラウンの奥にはオレンジ、ブラックの奥にはレッド、レッドの

奥にはレッドとオシャレ感が出ています。

これから寒くなる季節、シートヒーターは本当に快適で一度使ったら

病みつきになること間違いないですよ~

Sr7-gu-black Sr7f-gu-brown Sr7-gu-red

限定のAdvanceEdition(ヒーター付きSR-F)ですが赤2脚と青1脚がご用意

可能ですので、GUより安くヒーター付きSR-Fならこちらもございます。

Recaro1

 

2019年5月26日 (日)

RECARO RMSフィッティング中・・・エキシージ

この車に装着できるわけないじゃん・・・と言っても納得できない

常連さん(^-^;

ダメ元でフィッティングしてみることに・・・

RS-GやTS-Gは今までも加工装着して来てますが・・・

それでも今回はかなりポジションが前にする必要がありRS-Gでも

かなりのカット✂が必要かと・・・

RMS装着するにはシートカット以外にも加工が必要です。

載せてみたら諦めるかなぁって思ったら逆反応!載せた姿に益々

惚れてしまって・・・どうしてもって(>_<)

もし装着出来たら、益々車の格好良さが引き立ちますね・・・

エンジンチューニングより二の足踏んでしまいますが。。。要検討ですね

Img_2493

Img_2491

2019年5月21日 (火)

RECARO Sportsterがマイナーチェンジ 価格帯的に買いやすいモデルも・・・旧モデル展示品格安

今回レカロの人気モデルのスポーツスターがマイナーチェンジ!

従来通りレザーモデルとレザーとレザー&アルカンターラモデルは

デザインも変更されリクライニングが電動化され、従来通り

ヒーター内蔵!

また従来のファブリックモデルはカムイ&グラスメッシュ(SR-7等と同じ)

に変更され、リクライニングは従来品と同じダイヤル式を採用する事で

ヒーター付きにも関わらず¥155,000とかなり買いやすい価格で

登場です。

もちろんファブリックも電動リクライニングモデルも用意されてます。

マイナーチェンジ記念としてスポーツスターご成約の方にはベースフレーム

プレゼントいたします。

また店頭展示されている従来モデルのレザー&アルカンターラモデルを

ベースフレーム(¥20,000の車種)セット価格¥260,000を¥210,000/税別で

ご提供させていただきます。(右側の1脚のみ)

Photo_2

 

2018年10月20日 (土)

RECARO Pole Position発売です・・・体格のいい方・・・愛知県ではラックのみの取り扱です。

昔から要望してきたRECAROのLサイズバージョン

名称ポールポジションがようやく11月からデリバリーされます。

ラックには11月5日に入荷してきますのでご興味ある方は是非

ご来店ください。

RECARO使いたいんだけど体が大きくて使えなかったという方必見です。

ただこのシートはメーカーのサイトに掲載されず、全国十数店舗のみ

で取り扱いされる製品で、今のところ愛知県は当社のみなので

ご注意ください。

1

Recaro_pole_positionabe_1


3

3_2

2018年9月14日 (金)

RECAROからRMS用のオプションパッド発売です。

大変納期ではご迷惑をおかけしておりますRMSですが細身の方

ように厚めのパッドが発売になります。10月1日より発売

部位はバックレストサイドパッドとシートクッションサイドパッドの

2種類で画像のサイサポートパッドはすでに発売されておりますが

30mm薄い物が出ております。

またRS-Gなどでもご存知のバックレストカバーも発売中です。

下記はRECAROからの案内分を引用

サーキット走行をターゲットに、人体の動きを解析して必要な部位

に3次元で適正な厚みを持たせたました。

更にホールド性が必要な方や細身のお客様に最適はパッドです。

バックレストパッドは標準パッドに比べて、ショルダー部の自由度

を犠牲にすることなく脇周りのホールド性を高めています。

シートクッションパッドは、標準パッドに比べてタイトでありながら

スムースなペダル操作をすることが可能です。

バックレストサイドパッド ¥22,000/税別
シートクッションサイド ¥24,000/税別
サイサポートパッド ¥12,000/税別
バックレストカバー ¥11,000/税別

部位の名称については下記画像をご覧ください。

Rmsoptionpart

Se001021Se001011



2018年8月18日 (土)

ようやく一脚目(´;ω;`)ウゥゥ RMS2600A

昨年からオーダーしていたRECARO RMS 2600Aがようやく

一脚だけ入荷!そう一脚だけ(@_@) 2600Aもまだまだ何人も

お待ちいただいている状況なんです。

2700Gに於いては何十人もお待ちいただいている状況です。

すでにオーダー入れている分の割り当てがいっぱいになったので

先日追加オーダーを入れました。

皆さん優しい方ばかりで気長に待ってるねってオーダーいただいてます。

もういい加減にして~(-_-;)

胃が痛くなりますまあ担当者の○○君もだろうけどね・・・っと

言いながらも長期連休取ってるし\(*`∧´)/サボリーマン

Img_1675

2018年8月12日 (日)

今ならどちらもご覧いただけますよ〜 RECARO RMS

納期で大変ご迷惑をおかけしておりますRECARO RMS

ですが今ならどちらもご覧頂けますよー
28b13ef9fbac45098efeddb6be0083fb


2018年5月22日 (火)

RECARO ST-JC、SP-JCカールコードからワイヤレスにリペア可能です。

以前ご案内したST-JC&SP-JCのリニューアルに伴い

従来品のカールコードリモコンタイプをお使いの方に朗報です。

年数が経つとコードが痛んで困っている方も多いんじゃないかと・・・

この度リニューアルしたモデルのワイヤレスリモコンにリペア

することが可能です。

Img_4538

価格は¥45,000と少々いたしますがシートはピンピンしてるのに

コードがぁ(@_@)と言う方は是非お問い合わせください。

シートはお預かりとなりますのでご了承ください。

お預かりの際純正シート持ってくるのが面倒と言う方は当社にある

物で貸し出しも可能です。

2018年3月22日 (木)

プリウスα RECARO ST-JC 新型ワイヤレスリモコン

ようやく販売を再開したST-JC、SP-JC同様コード付きのリモコン

からワイヤレスにリニューアルしたST-JCをプリウスαに装着

させていただきました。

電動リクライニング、ヒーター、ベンチレーション(除湿)と電気を結構使

うため電源はバッテリーから引く必要があります。

この車は一番後ろにバッテリーがあるためそこからの引き込みが

必要です。

Img_4539

Img_4538

ST-JCは落ち着いたデザインで大人な感じを車内に作り出してますね。

2018年2月22日 (木)

レカロ新型シート RMS体感試乗会in富士スピードウェイ

一昨日は当社の若手スタッフと富士スピードウェイに行ってきました。

当日朝から晴天で富士山もバッチリ。。。~んこれは何かいいことが

あるのかと拝んでおきました。

早朝ホテルの窓から見えた朝日のあたる富士山

Img_4440

向かう途中でも📷

Img_0893

富士スピードウェイからの富士山📷

Img_4447

最後に富士スピードウェイのコース上からの富士山📷

Img_0934

いつまで富士山なの?wwwすみません、あまりに綺麗だったので・・・

それでは先日からご紹介させていただいているレカロ新型シート

PRO RACER RMS体感試乗会をレカロさんの主催で開催され

全国販売店やメディアの方たちが集まって各々持ち込んだ車に

装着して走行する体感イベント

それぞれ販売店が自分たちで交換するんですが、担当サボリーマンは

僕やりますからなんて言っておきながら当日は他店さんの装着

フィティングを全部やって、ラックには冷たく自分たちで付けて~って

Img_0915
アリーナさんのシート取付とフィッティングを念入りにしているサボリーマン

ラックだけは自前若手スタッフにて装着とフィッティング

それでもサボリーマンは早朝から夕方遅くまでずーっと動きづめで

頑張っており、おかげで我々も良い体感ができ楽しめました。

サンキュー!サボレナカッタマン中西~(*^^)v
Img_0917

若手の吉田くんはまさかのサーキット初走行w(゚o゚)w車が心配で・・・w

早速吉田くんからスタートさせたらあっという間にピットイン

ハイスピードサーキットを簡単に走れると思ってたあまちゃんで

もう充分だって・・・怖かったそうですがめっちゃ楽しいとも言っており

ハマりそうらしい(*^-^)

ところで遅くなりましたがRMSですがこれが本当にすばらしいです。

もちろん外装の一体成型でありながら両面表のような表面仕上げ

も素晴らしいんですが、装着しただけではわからないかな?走らせて

分かるこの凄さって感じかな。

スポーツ走行させてみるとこのグリップ感と剛性感が抜群!

肩のホールドでGを受けるというよりは脇と背中で受けることで

左右のGに耐えらます。

説明の中でもありましたが、この高剛性がブレーキングに相当影響し

撓みのない分ブレーキがしっかり踏める感じで、メーカーさんのテスト

でも減速Gがかなり向上するようです。

シートを感じるイベントでしたがドライビングに集中できるためシートの存在を

忘れてしまいそうです。

良いドライビングは良いシートに始まるといっても過言ではないですね。

窮屈な感じがないのにしっかりサポート!

まさに究極のスポーツドライビングシートです。

それからこのシートですが、シートポジションを低くしたくてもできなかった

車両でもかなり低く装着できるのでそういった方にもおすすめです。

今回86で一番低く装着してないにも関わらず座高の高い私でもツーリング

ポジションで乗れます。

今お使いのシートを手放しても交換したいシートになると思います。

問題はメーカーも我々もこれから納期との戦いになりそうです(@Д@;

余談ですが・・・唯一残念なのは・・・

何十年ぶりかのハイスピードサーキット走行をした自分でしたw

自分が相当下手になってるのも事実・・・

でも自分の感覚でコーナー侵入すると思った以上に曲がっていかない

この車俺についてこれないのか┐(´д`)┌ヤレヤレ

シートの体感だけだからいいやってラリーセッティングのまま走った

私がなめてましたねm(__)m・・・特にブレーキですね。

ああもっと楽しく走りたかった~~~┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

勝田くんのヘルメットで慣熟走行するヨッシー吉田(@Д@;

より以前の記事一覧