SUBARU

2018年6月15日 (金)

TOMEI サクションパイプ インプレッサ、WRX STI等

定番になりつつあるTOMEIのサクションホース!

シリコンホースとしてはかなり低価格で設定されているので

買いやすい商品ですね。

有名メーカー品は6万円から10万円近くしますが、安心して使える

シリコンとしては最安値!

モット安い物も出回っておりますが、落とし穴がいっぱいです。

中が耐油処理されておらずしばらく使ったらブヨブヨになってしまった

なんてことになってしまう物が・・・

純正の蛇腹形状の抵抗をなくしスッキリエアが吸える環境を

作れば安定したエアが供給可能になります。

最近の車両は過給圧も高いので剛性がないとつぶれてしまったり・・・

是非交換してみませんか。

Ej

2018年4月24日 (火)

ENDLESSから待望のLEVORG&S4用キャリパーキット&リヤビッグローターキット

LEVORGやS4のカスタムユーザーがかなり増えてきてますね。

フロントキャリパーキットはある物のリヤについては昨今の

電動PKBによりビッグローター化できなかったんですが今回

ENDLESSよりリヤビッグローターキットが発売になり、前後セットで

お得なキットも設定されました。

フロントのキャリパーキットの選択によりリヤローターサイズも

2種類が設定されています。

リヤの純正キャリパーのオフセットブラケットに2ピースローターと

見た目にも本格的、特にリヤキャリパー用にENDLESSロゴの

カバーがセットさせてるんですが最近摘発されたパッチ物とは

違いますよ~!

ちゃんとリヤキャリパーの剛性を高める役目もある本格カバーです。

Endless


5月13日までの早期受注でENDLESSブレーキフルードプレゼントします。

2018年4月 8日 (日)

WRX S4・・・エルスポーツ&BBS RI-A

ご近所さんのS4 D型、昨年純正車高にて別途ホイールを選択

した装着してたんだけど、最近サスペンション変えて車高も・・・

という事でサスペンションをエルスポーツに交換してみたら

タイヤがかなりのつら内・・・あ~んどうしようかなぁって新たな悩み(^-^;

キャンバー立てるかなぁ・・・でも一旦少しネガティブキャンバーになった

コーナーフィールが気に入ってしまったし・・・なんとホイールを交換

することにしちゃいましたcoldsweats01

前回スーパープロブッシュを入れてリヤのキャンバーを調整できるように

してあったので、今回ホイールに合わせて最アライメントもしました。

今回選択したホイールはなんとBBS~

えっ?ラックはレイズじゃないのって思ってる人もいるんじゃないかなぁ?

70スープラ、20ソアラ時代、だれもがBBS時代には感謝状を貰うほど

BBSを販売してた時期もあったんだよん

またそれは置いといて、S4にRI-Aどう?いいよね

大人でスパルタン・・・でも益々ブレーキが目立っちゃうね、ご近所さん!

Img_1105

Img_1104

2018年3月 1日 (木)

筑波サーキット 56秒台を達成・・・インプレッサワゴンGF8

たまにご紹介してきているインプレッサワゴンですが一昨年あたりから

筑波サーキットアタックを開始!

とはいってもオーナーのお仕事は走ることではないため年に2回程度?かな

それでも今回念願だった57秒切りの56秒8と言うタイムを達成いたしました。

今どきの風洞実験してエアロを作ったりしているわけではないし、ボディも

ワイドタイヤが履けるようにして一般車より大きめのカナードとリヤウイング

、そしてオーナードライブでここまでくれば立派だよね。

と言っても通常ストリートの方から見れば相当派手な外装だろうけど

周りはこんなにすごい外装だから麻痺してますかねwww

Img_6858_2


インプレッサワゴンでこのタイム!現地ではかなり話題だったようですヽ(´▽`)/

サスペンションは今までどうしてもコーナーでリヤが跳ねてしまう対策で

リヤのジオメトリー変更としてダンパーの取付位置を変更しました。

GDBまでのインプレッサを知る人が見れば違いわかりますよね。

Img_6869

サスペンションは今後もっと大幅な改良計画を持っているようです(^-^;

これからは暖かくなってきてしまうのでベストタイム更新は厳しくなるけど

また秋以降のタイムアタックに期待してしまいます。

何と言ってもオーナーさんの意欲に関心させられます。

Img_6888

いつも連れていってもらってる(^-^; ラックのエンジニア エンドゥー
Img_6889

最後はオーナーさんのショットcamera
Img_6856

2018年2月24日 (土)

WRX STI/VAB・・・TOMEIタービン&ENDLESSキャリパー

今回初のTOMEI T380Bタービン取付、セッティングはHKS

フラッシュエディターにて行いました。

当社ダイナパックで305馬力(補正無し)となかなかの出力が出ました。

EJのツインスクロール用にはIHIのボールベアリングを採用し

ピックアップに重点を置きながら純正以上のパワーを求めた純正

プラスと言った感じでしょうか。

ブーストアップしたけどもう少しパワーが欲しいなぁとい方には乗りやすく

ピックアップのいいタービンです。

タービン名称通り380馬力をターゲットとした仕様になってますが

ただフルに出すにはちょっとエンジンが持たないため出せる範囲に

とどめてあります。

今でも補正入れたら350馬力超えてますからね。

173101


エンジンパワーを出したらストッピングパワーもアップ!

ENDLESSのキャリパーを特注カラーの赤で・・・

走って止まれる模範的セッティングですね。

どんなスピード領域で走るか人によって違いますが普段乗ってって

良く効くと思っていても速度高い時にいざ踏まなければいけない

状況で踏んでみると止まらい~ってなるんですよ。

そんなに飛ばさない、そんなにパワーないからなんて意外にブレーキ

を甘く見てる方が多く見えますが特に結構走る方はチャンスがあれば

速度高めからフル制動してみてくださいね。

いざというときは突然やってきますよ(゚ー゚;

スポーツ走行は別として急制動が必要にならないよう予測運転を心がけましょうgood

Img_0982

Img_0981

2017年10月27日 (金)

大人なGRB・・・2.2リッター&SPEC-Cタービン

今回エンジンメタルブローで入庫してきて修理をさせていただいた

GRBですがヘッド以外何も使えない状況でした。

それならついでにという事で2.2リッターを選択し、オイルも相当な

メタル粉だったのでタービンも次期ダメになるという事で今回は

SPEC-C純正タービンを選択

元々スポーツ走行は全くされた方なので乗りやすさ重視のセッティング

をさせていただきました。

TOMEIさんの2.2リッターに純正SPEC-C用タービンはどこからでも

加速できるレスポンス抜群で純正とは比較にならないほど速さも

あり、まさに大人の車って感じでしょうかね。

ダイナパック測定 補正無しで294PS、49.55kgmと上々の出来上がりです。

快適差重視でパワーもそこそこでいいという方にはとても良い仕様

だと思います。

Img_0791

あとはサスペンションのリフレッシュをしたら益々楽しく快適に乗れる

車になりますね。

2017年7月24日 (月)

WRX S4 TE37 SAGA&HKSサスペンションキット

ご新規様のS4にHKSサスペンションキットとレイズ新作のTE37 SAGA

を装着させていただきました~!

Befour
Img_3381


After
Img_3391_2




車検もそのまま通せる仕様なのでFACE2がいっぱいですが9J

に245でスタンダードS4よりは格段に格好いいですよね。

Img_3388_2Img_3389_2


っえ?ラックでもHKSのサスペンション売って付けたりしてんの???

なんて思ってる人もいるかな(^-^;

もちろんなんでもご相談ください。

ご予算、目的などご相談に応じてご提案させていただきまよ~good

2017年6月25日 (日)

久しぶりにSUBARU5速MTオーバーホール GDA

先月メールからのMT修理の件でお問い合わせ頂き、はじめは

リビルトミッションでお問い合わせ頂いたのですが価格がかなり

高く、オーバーホールでお勧めして今回お預かり修理させていただきました。

まずはオイルを抜いてみるとかなりの汚れと鉄粉が・・・

下ろして割ってみると・・・シフトフォークも折れてます((+_+))

Img_0583_2Img_3068_5

年数も経っているのでそれ相応に傷んでますね、ほぼほぼ主要パーツ

は交換させていただきましたが、驚いたのはクラッチ、ディスク以外

全く問題なく、今回はディスクのみ交換させていただきました。

クラッチの状態からすると、MTの破損等は以前のオーナーさんの

オイル管理の悪さからこうなったのかな?っと思います。

Img_0584

Img_3072

リングギヤの刃当たりの調整もして組立完了!

Img_0668

お好きで買われたでしょうからきちっとメンテして乗っていただけると

思います。

オーナーさん、とてもお若そうなので、最近の若い方がこういった車に

乗ってくてることが嬉しいですねhappy01



2017年6月 1日 (木)

少数派レガシィ アウトバック2.5XT BPH

BP型レガシィの最終型のみに存在するアウトバック2.5XT

通常は2.5NAか3.0NAのみの存在だったアウトバックですが

最終の少しの間だけ生産された2.5リッターターボ車両

BILSTEINのアウトバック用キットを装着しようと思ったのですが

この型だけ適応がありません。

調べてみるとマウント形状にも違いが???w(゚o゚)w

最終型のこの車両のみのために変更するのって感じですが?

またこの型のみ純正の車高が若干下がっているので、あれこれ

検討し、無事BILSTEIN B12を装着させました。

Img_2931

Img_2936

フロントアームのブッシュもひどく傷んでいたので交換・・・ですが

錆びもひどかったのでアームごと交換とブレーキパッド&これまた

錆びのひどいフロントローターを交換させていただきました。

2017年5月28日 (日)

GVB エルスポーツサスペンション V1-LS

昨日のお仕事ですが、GVBにエルスポーツサスペンション V1-LS

装着させていただきました。

当社では定番のV1-LS、V1とはあえて容量を減らさないために

全長調整式を選択せず、アシストスプリングを入れることで全長を

稼ぎ伸びストロークを確保しています。

路面の良いところは良いけど、路面の荒れた峠道や荷重移動の多い

ミニサーキットやゼブラゾーンに乗り上げたりなど一般に多い

シチュエーションでは伸びストロークがとても大きく影響するため

当社ではあえてそう言ったユーザーにはこのV1-LSをお勧めしております。

ストリート仕様でも乗り心地とスポーツの両立にも寛容です。

当社のラリー車両なども同じモデルを使用しております。

車種によりけりですが、特にストラット式だったりストロークの少ない

車両に向いております。

装着状態はこんな感じです。

Img_2911

Img_2914

Img_2916

より以前の記事一覧