« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月29日 (木)

デロリアンに遭遇(^^;

意外にも私は一般道でデロリアンに遭遇するのは初めて!

さすがに過去ご来店いただいた車両の中にもなく、持っておられる

方にもお会いしたことはないですね。

Img_1035

某サービスエリアにて・・・走っているところを見たいがタイミング合わずcoldsweats01

あれ?今きずいた、後ろに自分の車が写ってしまってました(@_@)

そんなことはどうでもいいですね、この後私は花見に行ったのですが

そこの駐車場についてみたら。。。またこのデロリアンが駐車されてて

なんとも運命を感じたのですが、、、ただそれだけでした・・・あははは~

未だ全部品の供給があるらしく、今でも修理可能!

やっぱりアメリカのメーカーはさすがですね。

日本にも旧車文化を~~~メーカーさんに頑張っていただきたい!

ステンレスボディにヘアライン仕上、後にも先にも見たことないボディ仕上

なかなか渋く、これから流行りませんかね、スチールにヘアラインしてクリア

で仕上げるなんて。。。

以上

2018年3月27日 (火)

BMW I8 初乗り~(*^^)v RECARO RS-G取付

昨日はなが~いお付き合いをいただいているお客様のI8に

RECARO RS-Gアルカンターラを装着させていただきました。

ご厚意により乗せていただけることにヽ(´▽`)/

ラック営業新人の自称イケメン?をパッセンジャーシートに乗せてスタートcar

まず初めに感じたのは、1940mmもある車幅なのにそれを感じさせず

車重は軽いといっても1.5t弱、なのに1.2tクラスの車両かと思わせる

ような軽いフットワーク、加速はさすがハイブリッド、5リッター並みの

加速!しかもスタートはさすがハイブリッド、それ以上ですね。

とても1.5リッターターボとは思えない( ^ω^)おっおっおっ

コーナーに入ってみると、どこまでも速度を上げても行けちゃうんじゃない?

って感じるほどの安定感です。

形はスポーツカーだけどハイブリッドだし、細めのタイヤだし

実はそれほどでもないのかなって思ってたんですが、乗った瞬間

イメージを根底から覆されましたね。

さすがBMWって感じですね。

BMWとしてはZ4M以来の感動でした。

とにかく曲がって楽しい、ちょっとサーキットでも走ってみたくなる車です。

BMWは以前からエンジン音をあえて室内に入れてドライバーにエンジン

の状情報を伝えるという他にはない設計、私のちょっと古い5シリーズ

でさえ日本車のこのサイズの車両と比べたら相当に音を感じ、メカ好き

な方にはたまらないサウンドではないでしょうかね。

このI8も最近にBMWに装着されているアクティブサウンドシステムが

装着されており、とてもリアルにエンジンを感じ、それもとても心地良い

サウンドにチューニングされてました。

仕事柄いろんな車両に乗せていただく機会が多く、昔からスーパーカー

的な車にも数多く乗ってきましたが、現代のスーパーカーなんだなと

感じた次第です。

とにかく想像以上に走って、曲がって、止まれる車に感動しました。

普通のドライバーさんならコーナーで破綻することはまずなく、安全

.な車かもしれません。

営業新人もいい勉強になったと思います。

我々もいろんな車に乗ることでたくさんの情報量から引き出しも増え、

さまざまな車へのフィードバックができると思ってます。

良い機会をありがとうございました。

あっ!そうだ、本題はRECAROを装着したことでした(^-^;

Image3

Img_7261

Img_7262

2018年3月25日 (日)

BNR34ブッシュ類リフレッシュ・・・ですがメンバーが生廃の件

すでに20万キロを大幅に超える走行距離になり2度目のブッシュ

類のリフレッシュ!

操安性が悪く振動など出ていたので思い切ってリフレッシュ

NISMOの強化ブッシュ、一部にはスーパープロブッシュを使用し

調整箇所を増やすべくクスコのアーム類などを使用してスタート

しましたがなんとキングピンからのガタが発覚、以前はベアリング

のみ部品供給があったので発注・・・なんとアッセンブリ販売に(。>0<。)

一度分解して使えそうなベアリングを探すも市販の物では

対応できる物がなく仕方なくアッセンブリ交換

Img_4303

ようやくガタもなくなりアライメント測定・・・なななんと

ガタのせいだと思ってたキングピンのずれが治ってな~い(@Д@;

フレーム測定しても異常なし・・・もともと無事故車だしなぁ

思い切ってメンバーを交換することを決断し、では発注して進めるね

っと思ったら・・・なんと生産中止・・・え~~~これがないってことは

もう乗るなってことですか???メーカーさん

仕方なく中古でと思ってもやはり中々ない。

ようやく良さそうなのを見つけて交換してみたらバッチリ、やはりメンバー

が歪んでたんですね。

Img_1019

Img_4301

デフマウントも交換しようやく完成!!!

エンジンマウント類はおととしエンジンチューンの時に交換したので良し!

これでバッチリ走れるねgood

Img_4306

Img_4312

早くBNR34もヘリテージスタートしていただきたいです。20160417_18_19_17



2018年3月22日 (木)

プリウスα RECARO ST-JC 新型ワイヤレスリモコン

ようやく販売を再開したST-JC、SP-JC同様コード付きのリモコン

からワイヤレスにリニューアルしたST-JCをプリウスαに装着

させていただきました。

電動リクライニング、ヒーター、ベンチレーション(除湿)と電気を結構使

うため電源はバッテリーから引く必要があります。

この車は一番後ろにバッテリーがあるためそこからの引き込みが

必要です。

Img_4539

Img_4538

ST-JCは落ち着いたデザインで大人な感じを車内に作り出してますね。

2018年3月18日 (日)

GT-R BNR32 一部メンテナンスだけだったのに・・・LSD

先日お預かりしたBNR32、メンテナンスのご依頼だけの予定が

異音発生点検からリヤピニオンベアリングに異常が発覚!

修理でばらしたついでにLSDもという事で、今回NISMOのGT Pro

のLSDに交換しました。

純正でも機械式が入っていますが、回してみると殆どLSDとして

機能してない状況でしたね。

デフ下ろしたついでにデフマウントとピニオンマウントもスーパープロ

のマウントに交換しました。

Img_4533

Img_4536_2

Img_4531

2018年3月17日 (土)

足元の拘りはタイヤホイールだけですか(^-^; ベータチタンナット

タイヤ&ホイールに拘り、車の好きな方ならだれでもありますよね。

でもとおろそかにされがちなホイールナット!

皆さんはどんなものを使用されていますか?

昨今ホイールに求められるのはデザインはもちろん、軽量もですが

高剛性が求められるようになりました。

それはただ単に強度ではなく走行時の撓みによる走行フィールの悪さ

やタイムダウンにも繋がるからです。

なので当社では剛性の低い素材の物はお勧めしておりません。

折角の高剛性ホイールがナットの剛性不足により撓ってしまっては

元も子もないですよね。

中にはパキパキと言った軋み音がでてしまう物もございます。

なので最低スチールナットは使っていただきたいなと思います。

今回ご紹介の物はチタン製ナット、価格は高いですがより高剛性で

超軽量で、敏感な人ならステアリングを切ったときのフィール違いを

感じるんじゃないかと思います←ちょっと大げさかもw

Img_1016

左のシルバーの物は全長30mm(通常のナットサイズ)でなんと10gと

超軽量です。

メーカーさん資料より

938c89_8260283p83l838b


こちらは貫通ナットですが別売のキャップを付ければ袋タイプにも

なります。

70726f647563742f3833353533383861303

こんなカラーバージョンも・・・

20150101001817b4f


2018年3月10日 (土)

いつかはクラウン?もうクラウン(@_@) これも世のため人の為

私も歳をとってきましたが、当然両親もそれと同じだけ歳もとり

昨年父親を説得して車を降りてもらいました。

昨今のお年寄りの自動車事故を見ればそれも当然?

歳をとって足腰弱ったからこそ病院通いも買い物も車が必要なん

ですけどね。

しかしこれも世の為人の為、もちろん自分の為のつらい選択ですね。

父は車をとても大事にしている人物なのでその車を処分するのが

寂しいようだったので私が乗るという条件で車を降りることを

決断してもらいました。

しかしその車がクラウンハイブリッド、私の仕事柄とても似つかわしく

ない車になりましたね(^-^;

お客さん達にも「似合わね~」って言われてますぅ

しかもロイヤルサルーンと来たもんだwww

私は本来通勤快速は小さめの車が好きなんですがね・・・

これも親孝行と思ってありがたく乗ってますcoldsweats01

バッテリーマークや燃費計などいろんなエコ表示が出てくるので

充電と燃費ばかり気になってしまうのは私だけでしょうか~(≧∇≦)

車は生活の足と言う方たちにはとてもいい車ですよね・・・

静か、高燃費、何をとっても不満はない車です。

私は休みの日にマイカーに乗ると振動や排気音に幸せと喜びを

感じますね・・・やっぱりエンジンカーが好きなんでしょうね

でも私が生きている間にエンジンだけの車ってなくなるんですかね(ρ_;)

ポルシェやアウディもWECでのハイブリッドをやめてフォーミュラーEに

なっちゃったしね!

Img_3778

2018年3月 2日 (金)

BRZでもサイドにTRDを纏ってカーボントランク等も

少し前に86にSTIパーツで纏った通称?86Zをご紹介いたしましたが

今回はBRZに後期用TRDサイドスカートを装着

エアロパーツと言ってもほとんどファッションパーツですからお好きな

デザインで楽しめばいいと思います。

カーボントランクとKansaiサービスさんのカーボンリップとカーボン

リヤガーニッシュも違和感なくいい感good

Img_0980_2

Img_0978




2018年3月 1日 (木)

筑波サーキット 56秒台を達成・・・インプレッサワゴンGF8

たまにご紹介してきているインプレッサワゴンですが一昨年あたりから

筑波サーキットアタックを開始!

とはいってもオーナーのお仕事は走ることではないため年に2回程度?かな

それでも今回念願だった57秒切りの56秒8と言うタイムを達成いたしました。

今どきの風洞実験してエアロを作ったりしているわけではないし、ボディも

ワイドタイヤが履けるようにして一般車より大きめのカナードとリヤウイング

、そしてオーナードライブでここまでくれば立派だよね。

と言っても通常ストリートの方から見れば相当派手な外装だろうけど

周りはこんなにすごい外装だから麻痺してますかねwww

Img_6858_2


インプレッサワゴンでこのタイム!現地ではかなり話題だったようですヽ(´▽`)/

サスペンションは今までどうしてもコーナーでリヤが跳ねてしまう対策で

リヤのジオメトリー変更としてダンパーの取付位置を変更しました。

GDBまでのインプレッサを知る人が見れば違いわかりますよね。

Img_6869

サスペンションは今後もっと大幅な改良計画を持っているようです(^-^;

これからは暖かくなってきてしまうのでベストタイム更新は厳しくなるけど

また秋以降のタイムアタックに期待してしまいます。

何と言ってもオーナーさんの意欲に関心させられます。

Img_6888

いつも連れていってもらってる(^-^; ラックのエンジニア エンドゥー
Img_6889

最後はオーナーさんのショットcamera
Img_6856

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »