« この夏もまだまだ86&BRZのユーザーさんに沢山来ていただいてます。 | トップページ | 86&BRZユーザーさん、まだまだ活発で元気ですね。過給器ラッシュ^_^; »

2015年8月 1日 (土)

ヘルパーやアシストスプリング推奨の理由 VSC、VDC等

最近当社では積極的にヘルパースプリングやアシストスプリングを
使っております。

昨今増え続けるトラクションVSC、VDCなどの横滑り防止車両
安定システム装着車両はボタン長押等でキャンセルできると
なっていますが実際には完全にキャンセルできません。

86やBRZで皆さんが行っている整備モードでもただキャンセルとい
わけに行かないのが現状ですね。

大きなサーキットなど舵角の少ない領域で走行できるサーキット
は急激なステアリング操作をするわけではないので内輪の過重が
急激に抜けるようなシチュエーションになりづらいためVSC等が
介入しづらいのですが峠やミニサーキット等はそうはいきません。

急激なステアリング操作により急激な過重移動でインリフト、
又は路面のギャップによりタイヤが路面から離れたりで
電子制御が介入してきます。

これは純正サスペンションの様にストロークをしっかり確保できる
サスペンションではほぼ問題ありませんが、車高調整式のように
直巻きのスプリングを使用するようなサスペンションでは伸びの
ストロークが極端に減少します。
スプリングレートが高ければ高いほど減少してしまいます。

それを補うためにヘルパーやアシストスプリングを使用して
ストロークを確保することにより、電子制御の介入を抑えることが
可能になります。
ヘルパーやアシストスプリングの効能はそれだけではありません。
スポーツ走行とストリートを兼用する方にもとても有効な働き
もあり。もちろん走行セッティングにも使用可能です。

実際当社が走らせてきた全日本ラリー車両もVSCボタン長押し
だけでほぼ問題なく戦ってきてますからねhappy01

そこから先詳しく聞きたいなぁって思った方は是非ラックに聴きに
来てくださいね。
走るシチュエーションに合わせてサスペンションの選択は変わります。

Dscn2509Dscn2511_2




« この夏もまだまだ86&BRZのユーザーさんに沢山来ていただいてます。 | トップページ | 86&BRZユーザーさん、まだまだ活発で元気ですね。過給器ラッシュ^_^; »

店長の日記」カテゴリの記事