« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

新たなラリー車製作中ι(´Д`υ)アセアセ・・・86 TRDラリーチャレンジ

現在某企業様からのご依頼で、TRDラリーチャレンジ参戦用
の86ラリー車をまっさらの新車で製作中!

10月開催の新城ラリー併催のTRDラリーチャレンジに出られる
ために、大急ぎで進めております。

Dscn1612
     Dscn1613

現在TRDラリーでこのクラスのトップはモリゾウ選手ですが果たして
この86でどこまで食らいつけるか楽しみです。

すでにご存知、昨年シリーズチャンピオンのネッツ東名古屋、
山口選手が最終戦に出られれば益々熾烈な争いが見られると思います。

新城ラリーは、TRDラリーチャレンジも併催ですのでますます
盛り上がりますよ!

モリゾウ選手にもあえるかもしれませんよう

ラックで作った車両が活躍するという事はとても嬉しいですね!

2013年9月26日 (木)

IS-F エルスポーツダンパーV2-DFA装着

今回エルスポーツダンパーを装着させていただいたお方は
IS-Fオーナーとしては、少々ワイルドなお方なのでV2-DFA
(全長調整、減衰力調整式)にピロアッパーマウント仕様に
させていただきました。

とは言ってもIS-Fですから街のりが出来ないほどの設定で
はありませんし、減衰力調整でかなり調整可能です。

IS-F特有のリヤが跳ねる感じが無くなって快適スポーツな
仕上がりです。

車高もラックで装着したIS-Fの中では低めにセットされてます。

Dscn1600_1_3 
    Dscn1602_1


もともと車高が低い車なので数値的にはそれほど下げて
無いんですけどね。
今後はホイールの交換かな???

Dscn1588_2 Dscn1592_2

こんな感じで装着されてます・・・
リヤは最近のTOYOTAのFR車はほとんど同じですがスプリング
が下側にあるので、マウントを替えることで取り付け位置を上
にして全長調整が出来るようになっています。

2013年9月21日 (土)

FA20 エンジン全損・・・ウオーターハンマー

先日の豪雨でお客様のBRZのエンジンが水を吸って
全損になってしまいました。

皆さんもウオーターハンマーって聞いたありますよね!
まさしくその状態に陥り・・・
Dscn1562
ちょっとピンボケで分かりにくいかも知れませんがコンロッドが
ボッキリ

エアクリーナーに始まり、スロットルからエンジン腰下まで水が
混入し、全修理です。
勿論全部新品パーツで組みなおしですね。
Dscn1434
オイルクーラーの中からも白濁したオイルが

破損したコンロッドがオイルパンを突いてクラックが入りオイルも
だだ漏れ・・・
Dscn1563

やはりバルブも突いた後がありますね!
Dscn1569

至急直せとのご命令ですが・・・一部を除いての部品が全く
入ってきません
どうしよう?10月末のラック サーキットミーティングに出たいと
~ん最終部品入荷が10月24日予定の物も┐(´д`)┌ヤレヤレ

部品が予定より早く入ってくることを祈って頑張るぞ~!!!

っと皆さんも大雨にはご注意を・・・車両保険は交通事故だけの
物ではございません、是非保険に入っておいてね

2013年9月19日 (木)

S2000 MUGEN ハードトップ装着

最近S2000がまた増えてます

今回のご依頼は、MUGENのハードトップ取付です。
ボディ色は白ですが、すでに下回りのエアロを黒で揃えて
あるので、それに合わせて屋根も真っ黒で・・・

モノトーンは私も大好きなので、こういうコーディネイトの
車両もいいです。
出来たらホイールも黒なんてどうかな?

Dscn1548
      Dscn1549_1

いつもS2000の話題だと書いちゃいますが、S2000いいね!

2013年9月16日 (月)

GreddyからBRZ&86用大容量デフカバーが発売されました。

BRZ

86用にまたまた新製品が・・・

この車両はエンジンオイルの温度が非常に上がることは
すでに皆さんご存知かと思いますが、実はデフ温度もかなり
上がるんです。


トラストのテストでもオイルクーラーを装着し連続走行が可能に
なったら次にはデフオイルの温度が上昇しテスト終了なんて
テストデータも出てるぐらいです。

デフオイルクーラがお奨めですが、先ずは容量アップを
試してみませんか?

結構皆さん勘違いされているのが、自分のは純正トルセン
だからあまり問題ないんじゃないかな?
実は機械式以上に温度が上がってしまうのがトルセンや
ヘリカルだったります

ファイナルギヤ比を下げる方は特に温度が上がりやすく
なりますので容量アップがお奨めです。

今回Greddyから発売のデフカバーは冷却フィンを備えた
容量アップデフカバーで、純正+750CCの多くギヤオイルが
入りますので、かなりデフオイル温度も楽になりますね

オイルクーラーを装着したい方は、インレット、アウトレット用
のサービスホールも開いており、特にインレットはリングギヤに
直接オイルを当てられるオイルジェットタイプになっています。
また偏り防止のバッフルも備えているので加減速、横Gでの
オイル切れにも考慮されています。

温度管理をされたい方に、1/8PTのサービスホールも開いて
いるので温度計も装着が出来ます。

価格も安めの設定で¥50.400(税込)です。

86

2013年9月15日 (日)

S2000 AP2後期にHKS GT SuperCharger取付中です。

まだ装着途中ですが・・・現在HKSでは適合外のS2000 AP2後期
にGTスーパーチャージャーを取付中です。

すんなり付かないことは重々承知でやり始めました。
後期はABSユニット、配管の問題等あるのでポンつけは
無理ですが、何とかなるでしょというスタンスで現在順調に
進んでおります。

マネージメントのフラッシュエディターも対策して必要ありですね。

Dscn1547
     Dscn1546
          Dscn1544 

これで後期のデータが取れたら、今後のお客様にもご提案でき
ますね!
ここまできたら後戻りできませんので完成させます。
以前に乗ったAP2のスーパーチャージャー付きの加速が忘れ
られません。
すっごい気持ちいいですよぉ(*^ω^*)ノ彡

それでは完成したらまた

2013年9月12日 (木)

JZA80・・・ENDLESSキャリパー、V-PRO、ハイフローにオールペイント

スープラ(JZA80)をお預かり、オーナーさんは某自動車
メーカーにお勤めの方でございます

自動車メーカーさんにお車がお好きな方が居られるとホッと
して嬉しくなります。

我々の業界でも最近は車が特に好きではないという方があり
なんでこんな趣味性の高い業界に居るんだろうと思って
しまいますが・・・ヤッパリ長続きしてないようですね。

今回のこのスープラはハイフロータービン交換に伴い燃料
ポンプ、インジェクター、ポンプの交換をさせていただきました。

Dscn0975
ヘッドガスケット交換でヘッド下ろしてみると・・・永年積み重ねた物が
たんまり・・・

特殊な溶剤と結構な手間暇で・・・ようやくここまで
Dscn0977
かなり綺麗になったでしょ、といってもエンジン下ろして分解した
訳けではないので

あとは組立て、ポンプ、インジェクター交換してV-PROでセッティング
して完成ですが・・・
追加でブレーキのご注文も頂きENDLESSに特注発注!

えっ何が特注?
フロントローターが370mmなんですが、通常の6POTに370mmの
設定がなく、レーシング6にしようと思ったらホイールが入らない
と言うことで特注で6POTの370mmを作ってもらいました。
Dscn1482
      Dscn1483
リヤはレーシング4POTでフロント同様キャリパーカラーはレーシング
アルマイトにカラーリング!
でもベルハウジングは今回オールペイントしてブルーになったので
ボディとコーディネイト

Dscn1528_1

あとは、リヤウイングが入荷次第装着して今回の最終仕上げになります。

今年のGAZOOフェスティバルでは、ラックで有名なホワイトスープラと
このブルースープラが富士を激走?するかも知れませんね
そんな姿を私も見に行きたいなぁ

イベントはたぶん日曜日だろうし・・・残念ながら行けそうにない~

後の画像で我慢します(;´д`)トホホ…

2013年9月 8日 (日)

R35 GT-R ブレーキローター交換・・・ENDLESS E-SLIT

R35 GT-Rのブレーキローター交換です。
純正のドリルドローターは1回のスポーツ走行でクラックだらけ

やはりスポーツ走行にドリルドは不向きですね。
GT-R出たときから今時なんでドリルドなのかなって思っだけどね!

今回交換のローターは、後期用で発売されたばかりのENDLESS
のリプレースメントタイプのローターです。

BEFORE
Dscn1083

AFTER
Dscn1455

ベルハウジングはそのまま使用するので、純正に比べかなり
コストダウンできます。

ただボビンがbremboの特許なので、再使用するしかありません。
そこまで交換が必要な状態になるなら純正かAP製を使用
する必要がありますね!

画像では分かりませんが、このローターがどのくらいの大きさかと
言いまと・・・
Dscn1385
左がVITZのローターw(゚o゚)w

重ねてみると・・・
Dscn1386
VITZのローターは、ベルハウジングぐらい?だね

2013年9月 7日 (土)

BRZ&86 リヤサスペンションの欠点・・・キャンバー&トー対策、新製品

BRZ&86を多くやっておられるところはすでにお気づきかと思います
が、この車両はリヤのキャンバーの左右差が大変大きく、揃っている
車両は全くありません。

ひどい車両ですと左右差が1度ほどございます。
当然ですが、厳密に言えば左右のコーナリングが違ってきますし、
皆さん格好良くホイールを変えようなんていう時には、右と左で
出具合が違ってきて、サイズによっては、車検もアウトーなんて
ことになりかねないんですぅ

純正には残念ながらキャンバーを調整する機能がありません

当社では、すでにリヤのキャンバー調整アームを発売しております。

価格¥42.000/SET(税込)
Dscn1408
こんなやつですが、とても活躍します・・・が現在日本の車検に於いて
NGとなっている物なので、個別で構造変更手続きの必要性があります。
当社製品にはその際の強度検討書類も付いています。

また写真でお分かりかも知れませんが当社製品はナックル側に
取付穴が2箇所あり、ロールセンターをアジャストすることができます。
この穴を上側で装着すると20mmほど車高が下がるので、車高が
調整できるサスペンションキット装着が減速ですが、30mm以上
下げられる方にはとても有効ですよ。

また、この車両はリヤキャンバーを多めに付けると今度はトーが
インを向きすぎる為調整が必要ですが、純正の調整範囲だけでは
調整しきれないので、トーコントロールロッドでアジャストのする必要が
ございます。
と言うことで、こんな物も発売します。
1d1g03_1

これでアライメントもバッチリ調整可能です。
こちらも同じく書類付いてきます

価格 ¥39.900/SET(税込)

ついでにリヤテンションロッドも発売しちゃいます。
1d1g062_1_2
同じく書類付きです。

価格¥39.900/SET(税込)

上記3点の製品はブッシュが全部ピロボールなのでサスペンション
の動きも非常に良くなり、コーナリング、トラクション性能が上がります。
またピロボールにはすべてダストカバーもついており、耐久性対策も
万全です・・・

それでは、皆様からの沢山のご注文お待ちしておりますヽ(´▽`)/

2013年9月 6日 (金)

HONDA CR-Z GTスーパーチャージャー付き・・・ENDLESSキャリパー&タイヤ・ホイール

以前にスーパーチャージャーを装着したCR-Z、やはりストッピング
パワーもアップと言うことで、ENDLESSのキャリパーキット装着
リヤは設定がないので、ローターとパッドのみ交換です。

今回入荷してきたローターは新型スリットに変っており、以前より
ダスト黙りが出来ないような工夫がされています。

Dscn1426

分かりますか?以前均等に入っていたカーブスリットが、長いのと
短いのが交互に入っていますよね!
リヤも同じように仕様変更されていました。
Dscn1427

てな感じで純正ホイールが使えませんので、タイヤ・ホイールも
交換しました。
Dscn1428

どお?かなりいい感じに決まってるね!
私と同じで古い人間なのでリムのあるホイールがどうしても
という選択で、キャリパーが逃げてリムもあるホイールっていうと
なかなかないんだよね

リヤビューもREMUSのセンター出しマフラーで決まってます。
Dscn1430

2013年9月 2日 (月)

エルスポーツオイルクーラーは冬場にも威力を発揮・・・BRZ&86

最近良く売れているBRZ&86用のエンジンオイルクーラーですが
実は、冬場にはオイルウォーマーとして威力を発揮します。

皆さんオイルクーラーを装着し、冬場になるとオーバークールで
コアを塞いだり対策をする季節ですよね。

しか~し、当社オイルクーラーはそんな心配は全くありません・・・
というどころか、逆に冬場に中々温度が上がらないオイルですが
当社製品はエンジンブロックから水の取出しをしている為
水の温度が最も早く上がり、それによってオイルを早く温める
効果もあるので、暖気も早く済み、エコにも繋がります。

暖めるなら、冷却は駄目ジャンと思われるかも知れませんが

ところがどっこい、水温が上がってサーモスタットが開けば
そこには冷えた水が循環するので、そこからは冷却され
とにかく一定した温度に保とうと頑張るので、クーラーに
なります。

だから当社製品は、オイルウォーマー&クーラーなんです。

そんな勝手のいい物があるわけない、そうなんですそんな
いい物が当社の製品です。

残念ならがATウォーマーのラインを使用しているためAT車には
使用できません

AT車両は残念ながら現在のテストだと、エンジンオイルを冷やしても
それ以前にATの温度が上昇しマニュアルモードも使用できなくなり
フューエルセーフも入ってしまいます。

AT車でスポーツ走行するならATクーラー装着が必須でしょうね。

Dscn1169

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »