« 今日はZZT231セリカのオーナーさん達が来てくれます。 | トップページ | ギヤの歯面の虫食い・・・WPC&タフラット処理で対策 »

2013年2月28日 (木)

ホイールナットの重量にも拘りを持ってみては?

今日は、普段あまり気にもしてなさそうなパーツ、ホイールナット
に付いて知っていただこうと筆?(キーボード)をおろしますね( ^ω^ )

ホイールナットなんて止まってりゃなんでもいいし!なんて方いませんか?

最近では、輸入物の格安製品まで出回っており(少し前まで
知らなかったのですが・・・coldsweats01)製品によっては芯が出ておらず
ネジを回してみると首を振りながらしまっていくなんて物も
少なくありません。

当然芯が出てないんですから面がでず、しっかり締まるはずも無くcoldsweats02

最近のホイールのほとんどがオープンナットタイプのデザイン
なので、折角高いお金を出して格好いいホイールを買っても
ナットが貧弱じゃ残念です。
また通常21mmのナットが主流ですが、最近のホイールは
ナットホールが小さく21mmのナットが入らないものも多いですね。

また皆さん軽いホイールを選択して装着されるのにナットは
重量級ではね(ノ_-。)

軽量と言えばやはりジュラルミンでしょう・・・っと言いたいところ
ですが、ジュラルミンナットは仕様用途によっては非常に
危険も伴います。

特に頻繁に脱着をする方は要注意です。
ジュラルミンは材質が柔らかいため、ネジ部が痛みやすく
削れてしまいます。
行く末はナットがずるっと抜けてしまってホイールが脱落
なんてことにも繋がります。(現実にあるんです)

またナットの剛性不足によりホイールからカチカチと言うような
音を発する車両も良く見かけます。

そこで当社がお奨めするナットはやはり「マックガード」で、その中
でも特にスプラインドライブというタイプのナットをお奨めしています。

製品によって多少は違いますがジュラルミンナットが23gぐらいと
非常に軽量で一般的に使われているスチールナットが66.3gと超
重量級wobbly、マックガードのスプラインドライブが32.6gでスチール
なのにかなり軽量です。

ナットも剛性は大変大切で、このナットはレース部がフリーでまわる
構造となっているので、しっかりと締まり緩むことがありません。

Dscn0355
左:通常ナット 右:マックガード スプラインドライブ

マックガードのロックナットは、国内の自動車メーカーでも採用され
TRDやSTIなどもスプラインドライブナットを採用するほど世界的に
信頼有るメーカーです。
本国ではマンホールのロックボルトなどセキュリティに厳しい部品を
作っているメーカーなんです。

日本でもホイールナット以外にもナビゲーションやナンバープレートの
セキュリティボルトを販売しており、これらの製品は全品ユーザー
登録していただいて、万が一ロックアダプターをなくしても身分証明
によって新たに買うことが可能になっています。

ホイールを留める重要な部品、高剛性&軽量でキメましょうlovely

« 今日はZZT231セリカのオーナーさん達が来てくれます。 | トップページ | ギヤの歯面の虫食い・・・WPC&タフラット処理で対策 »

店長の日記」カテゴリの記事