« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

GVB S206 サスペンション交換 elSPORT V2

まだまだスポーツ走行する方の少ないGVB、GRFが圧倒的
に多いです。

GVFでもガンガン走る方も見えますが今回はGVBのS206の
サスペンションを交換させていただきました。

サスペンションはエルスポーツV2(全長調整式)でついでに
ロールセンターアジャスターとタイロッドエンドもちょいちょい
お付き合いいただいているプレジャーさんの物を装着
こちらのロールセンターアジャスターは普通にボールジョイント
に見えますが、耐久性抜群のNMB性ピロボールが採用
されています。

Dsc_0119

Dsc_0005
     Dsc_0001_2
           Dsc_0004

S203もお持ちの、このオーナーさんは鈴鹿サーキット 本コースのみ
走られる方ですが、先ずは少し軟らかめのセッティングからお試しです。

今までS203(GDB)はノーマルだったので、初めてのサスペンション交換
なので走りやすさを体感していただきたいです。

2012年12月21日 (金)

ようやく交換しました・・・ENDLESSキャリパー@Z33

毎日の仕事帰りにやってくる常連さん!

以前から貴方の走りでは、純正キャリパーでは無理!っと
言い続けてて、はや?年 ようやく交換に至りました┐(´-`)┌

雨にも負けずご自分でせっせと交換( ´_ゝ`)フーン
工賃無料キャンペーンだからつけて上げるって言ったのに
早くつけたいから自分でやる!!!だってヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
Dsc_0101

純正キャリパーはすでにコゲンボと化しており、それでも
最初はオーバーホールといって、分解したのですがっがっが
ピストン抜いたら虫食いだらけで・・・さすがにご本人も
これをお金かけて直すのも???と言うことでようやく決断

純正コゲンボキャリパー
Dsc_0099
18万キロも使ったんだからそろそろお役目ごめん
でいいんじゃないの・・・お疲れ様!

それでもリヤはご予算のご都合でローターとパッドのみ交換
こちらは、まだまだ頑張っていただきましょう!
ようやく新品も装着され、リヤローターは当社elSPORT製で
フロントに合わせてカーブスリットで揃えてみました。
Dsc_0103
       Dscn2493

フロントキャリパーは今年リニューアルして、より軽量となった
6POT、ローターも新型ベーン採用で益々軽量となり、持ってみても
リヤローターより厚く、大きいフロントローターの方が断然軽く
なりました。

これでようやく安心して走れるね、○藤くん ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

っと思ってたら年明け早々から一ヶ月アメリカ出張だって( ´艸`)プププ
残念無念www

○藤くん次はエンジンオーバーホールだね・・・
ご老体に鞭打って走るのはやめようね!

2012年12月18日 (火)

TA63カリーナ サスペンションリフレッシュ elSPORT

懐かしいTA63型カリーナのダンパー製作と各種ブッシュ交換
のご依頼を受け現在進行中

皆さんはこの車しってるかな?
1985年に発売された車両で、1.8リッター ツインカムターボ、
ツインプラグ 3T-GTエンジン
後にラリーのホモロゲ用に同型のセリカに2.0リッターターボ
の4T-GTエンジン車が限定車として発売されましたね。
なんとそのセリカのフロントフェンダーは樹脂製のブリスター
だったんです。

以前も他のTA63をご紹介しておりますが、その方はTA63ばかり
6台?ぐらいお持ちと言うつわものです・・・

今回お預かりさせていただいてお車は、わざわざ神奈川から
お車を持ってきていただきました(._.)アリガト

サスペンションの製作は日常茶飯事なので問題ありませんが
今回各種ブッシュも交換と言うことで部品の納期が大変かかり
そのブッシュが揃わないと最終ダンパーセッティングも終了
しないので、放置プレー状態が・・・

なんだか最近放置プレー車が多いのだ(´;ω;`)ウウ・・・
通常の車種別パーツを用意して、ちゃっちゃとつけて
ハイ!お渡しっという仕事ばかりじゃないのがラックの仕事
一筋縄ではいかないのだ・・・これが
そこがまた楽しい

Dsc_0094
ナンバーオシャレな湘南ナンバー

ダンパーも製作
Dsc_0061
          Dsc_0067

各種ブッシュも交換!
Dsc_0060

これで後は、ダンパーのセッティングとアライメントの調整を
してあげれば完了です。

これで・・・新車とは言いませんがサスペンション周りに付いては
新車以上の性能を発揮することでしょう

2012年12月16日 (日)

今日は朝からR205・S206の作業

本日は何故かGVBの限定車ばかり入庫です。

R205には本日RECARO RS-G装着させていただきました。
Dsc_0114
        Dsc_0117

R206はelSPORT V2とその他サスペンションパーツ装着です。
詳細はまた完成後にアップしますね!
こちらのオーナーさんGDBのS203もお持ちです
Dsc_0119

2012年12月14日 (金)

AUDI S4 AVANTにelSPORTダンパー製作しました。

AUDI S4 4.2リッター、よく走りますね!
ワゴンだと思ってなめてるとあっという間に抜かれちゃうくらい
パワーがあります。

今回、こんなパイパワーAUDI S4にダンパー製作させて
いただきました。

純正を確かめるべく試運転っと乗ってみると、スポーツ
モデルとはいえ万人が乗るにはチョット乗り味硬すぎかな?
自分の乗るE60 M-SPORTでも万人の方は厳しい気がしま
すが、S4はもっと硬めのセッティングですね。

しかし乗り心地をしっとりさせてもS4ですからスポーツ度を
落としちゃつまらない、ロールが増えたんじゃ意味がない

スプリングレートもそこそこ高めの設定で尚且つ乗り味も
しなやかに・・・オーナー様はお車好きな方なので少々の
スポーツ感タッチは必要かな?

でも完成して乗ってみると・・・車の形から交換後が純正?
見たいに乗り心地よく、しかしスポーツ度アップの理想形
が生まれました

下の写真のブレーキローターはATEのプレーンにカーブスリット
加工してパッドはENDLESSのプレミアムコンパウンド装着

Dsc_0094
              Dsc_0096

Dsc_0092_1


2012年12月10日 (月)

ターボチャージャーバフ磨き・・・TO4Z

先日少々ご紹介したTO4Zネタでございますが、多くの方
かた進捗を載せて欲しいとご依頼があったので・・・

今までこの状態で放置プレイ中でした
出来るところまでは進めてあったのですがぁ
Dscn0046

ようやくバフ磨きが完了しました。
先ずは標準状態がこれ!
Dscn9953

次にバフ仕様の物・・・
Dscn9193

見栄えが全く違いますね!
これでようやくサクションパイプの製作と一部インタークーラーパイプ
の製作が進みますが・・・残念ながら反対側のサージタンクがまだまだ
時間がかかるようで、パイピングの製作が完成しません(´;ω;`)ウウ・・・

今から完成が楽しみですが、これから納期との戦いです(*≧m≦*)

2012年12月 7日 (金)

スカイライン ER34 エンジンオーバーホール&タービン交換

スカイライン ER34・・・すでに150.000kmを突破しエンジンの
オーバーホール

RB25は少々圧縮が高いので、今後のステップアップのため
ヘッドガスケットを厚いものに交換し圧縮比ダウンって思って
たら、以前ハイフロー化したタービンがガタガタ

結果GT2530KAIにすることに・・・嗚呼予算がぁ~
圧縮下げといてよかった( ^ω^ )ホッ

オーバーホールは特に大きなことはやってませんが
純正オーバーサイズピストンとリング、ピンにWPCとモリブデン
ショットを施し、低フリクション化とポート研磨を少々

慣らし終了後セッティングです。

タービンの選択ですが、このユーザーさんは昔から当社の
走行会に参加していだいており、ミニサーキットのみの
走行のためビッグパワーは不要、それよりも少しでもレスポンス
が良い方が・・・

Dscn9180_2jpg

2012年12月 2日 (日)

FA20エンジン ちょっと分解してみました。

ちょっとお勉強のために・・・
FA20エンジンを分解してみました。

Dscn9990


ご存知かと思いますが、今までの水平対向エンジンはベルト駆動
でしたが、F型からチェーン駆動に変更されてます。
左右独立チェーン
Dscn9983


数千キロしか乗ってないエンジンなのにピストントップはこんな
状態です。
直噴エンジンってみんなこんな感じになっちゃいますね。
Dscn9980


オイルポンプは一般的なものですが、ギヤの形状はチョット
変ってますね。
Dscn9973


ちょっと画像がボケてますがすみません。
エンジン降ろしも、このようにミッション残したまま結構楽に
降りちゃいます。
ラックではインプレッサ等もよくこうやって降ろしてます・・・
Dscn9991

はやくエンジン本体に手を入れたいなんていう人現れないかなぁ
エンジン強化にHKSスーパーチャージャー 400PSぐらいの車両
作らせて~ヽ(´▽`)/

2012年12月 1日 (土)

S2000ユーザー必見!TRUST冷却フィン付きデフカバー

先日少しS2000のデフのお話をさせていただきました。

S2000のウイークポイントのデフトラブル防止でWPC
&タフラット処理のお話をしましたが、S2000はデフオイルの
容量が0.8ℓしかなく、デフオイル温度上昇もトラブルの原因
の一つです。
(他にもディスタンスカラーとか要因はありますが・・・)

冷却フィンも装備しオイル容量も2.3リットルを大容量で
デフクーラーを装着できるようにフィッティング用のネジ穴
も設けてあります。

価格は少々高いですが、一体成型なのでオイルにじみ
の心配も少ないですね。

S2000

本気モードのユーザーさんは、トラブル対策部品として
頭に入れといてくださいね

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »