« FairladyZ(Z33) RECARO SportSter LIMITED | トップページ | ALFA MITO Quadrifoglio Verde エアロパーツ取付 »

2012年6月15日 (金)

HKSオイルクーラー装着・・・GDB S203 水冷式と併用・・・

インプレッサ GDBのS203にHKSオイルクーラー取付してます。

S203は水冷式オイルクーラーが装着されていますが、やはり
本気モードでサーキットを走るには力不足ですね!

今回は純正の水冷式を残したままHKS製空冷式オイルクーラー
を装着しました。
この時困るのが、オイルクーラーのオイルブロックにメーターの
センサを付けることが出来無いのです。

プレッシャーセンサは純正のプレッシャーセンサの二股にして
装着できますが、油温センサが駄目なんです。

良く見かけるのがエンジンブロックのメクラや同じプレッシャーセンサ
のところから油温もつけている車両を見かけますが・・・
このあたりはオイルが滞留するため正確な温度にはなりません。

どこで取ったら正確なのかは、状況判断をどこで捕らえるかで
違ってきますが、オイルパンの中ならやはりオイルパンを加工
するのが良いかも知れませんが、お手軽ではないですね!
Dscn9193

今回はラインにセンサアタッチメントを装着してセンサの取付を行い
ました。
こんな感じですclip
Dscn9195

メーター類は時として全開走行の妨げになります・・・と言うのは・・・
今まで見てなかったので知らぬが仏で走ってたのに、メーターを
つけるとその数字に不安を感じて走れなくなるなんて事が良くありますcoldsweats01
っが、やはり大切なお車のことですから、しっかり管理して走行して
あげたいですね。

雑誌等で油温が厳しいなど書かれると、全くスポーツ走行もしないのに
オイルクーラーの取付をおっしゃられる方も見えますが、逆に冷えすぎも
エンジンに良くないので、しっかり自分の走りの中で温度を確認してから
装着した方が良いですね。happy01

« FairladyZ(Z33) RECARO SportSter LIMITED | トップページ | ALFA MITO Quadrifoglio Verde エアロパーツ取付 »

SUBARU」カテゴリの記事