« LOTUS エリーゼ 111R 水周りホースの交換 | トップページ | 最近ロードスター(NCEC)増殖中・・・RECARO ST-JCアルカンターラ »

2011年10月24日 (月)

SUPRA JZA80 ハイフロータービン&ワイドフロントフェンダー他

先日アリストのカスタムのお話の中で最後に少しご紹介した
スープラのお話です。

TTEアリストから追加でスープラを手に入れ、その後アリストは
手放し・・・といってもまだ身近にあると先日確認でよかったぁhappy01です。

今回のご紹介のスープラは、サスペンションやブレーキと言った
基本をこれまでやってきましたが、今回ついに、パワーアップに・・・smile
(すでにブーストアップはしてありましたが・・・coldsweats01

オーナー様が選んだのはターボチャージャーの交換!
TO4Zを・・・っと思っていたのですが、いろんな諸事情から
純正を利用したいとのことで、ハイフロー化を選択sweat01

ハイフロー化に伴い、セラミックからメタルインペラーに変更し
アクチュエータも強化した仕様に!
左が純正右がハイフロー・・・明らかにインペラーサイズが違ってますよね。
これで格段に風量がアップします。
Dscn7617 Dscn7615

折角の高ブーストもヘッドガスケットが抜けてしまっては意味無いので
ガスケットもメタルに変更です。

せっせとブロックを磨くチーフメカニック「苫(とま)ちゃん」です。

(苫ちゃんは当社のラリー車を何年もノントラブルで走らせるつわものですhappy01余談でした)

Dscn7511_2 Dscn7516_2
Dscn7519 Dscn7530

タービンの多少慣らしも・・・しかしオーナー様はお忙しい方なので私が
休みの日に東名→東海北陸道→東海環状道とぐるっと一周PA・SA
グルメ旅?をして慣らし完了ι(´Д`υ)アセアセ
慣らしは一人じゃ退屈なので嫁も道連れにヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ポンプは以前に交換済みなので、今回はインジェクターを交換し
セッティング開始です。
もちろんセッティングも苫ちゃんが行います。
マネージメントは以前から装着しているHKSのF-CON V-PROで行います。
苫ちゃんは、HKS認定のF-CONマイスターとエキスパートの称号を持って
おり、セッティングの魔術師?(ちょっと言い過ぎましたヾ(_ _*)ハンセイ・・・)
Enb_m Enb_e

次にパワーアップに伴い、クラッチの交換ですが、ゲトラグミッションは
フライホイールを交換すると、ミッションからかなりのガラガラ音がでます
(GT-Rはそれほどでも無いですが???)
オーナー様はダンディな大人のオーナー様なので異音的な音はちょっと?
という事で、今回選ばれし者は・・・ジャーン!満場一致?でATSのサイレントク
ラッチさんです。
おめでとうございますW01

これは、ディスク素材はATS得意のカーボンツインで、ダブルマス構造の
純正フライホイールを使用することにより、ミッションからの音を出さない
ツインプレートクラッチです。
と言っても純正のフライホイールの当り面を使用するわけでは無いので
よほど歪が無い限り中古でそのまま使用できます。
ミッションのオイル漏れも見つかったのでついでに修理っと(^-^;
構造は下の画像をご覧ください。
最近SPEC2と言うモデルがでたので、SPEC2を装着・・・これは従来品より
踏力がより軽いのに圧着力が高い構造で、大変乗りやすいモデルです。
踏んだ感じは純正より軽い?ぐらい軽いです。
スタートを上手にするとややクラッチジャダーは出ますが問題ないレベルですね!

Silent_clutch_bnr341_2 Dscn7621

次には、以前装着したタイヤ・ホイールがかなりピッタリサイズだったので
今の規定だとフロントがやや厳しい?状況だったのでフロントをワイド化
しました・・・ついで(・_・)エッ....?じゃないけどボンネットも交換
Dscn7668 Dscn7670

Dscn7678 Dscn7676

11月27日(日)に開催される「TOYOTA GR GAZOO RACING FESTIVAL」
に展示の可能性もあるらしいです。

TOYOTAマニアの方達が大集合すると思いますので、是非TOYOTAファンの
方は足を運んでくださいね!
詳細はコチラです。

« LOTUS エリーゼ 111R 水周りホースの交換 | トップページ | 最近ロードスター(NCEC)増殖中・・・RECARO ST-JCアルカンターラ »

TOYOTA」カテゴリの記事