« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

北米仕様TOYOTA TACOMA(タコマ)にRECARO ERGOMED-LD左右装着

こちらは珍しい北米仕様のTOYOTA車「TACOMA」です。
RECARO装着のお仕事いただきました・・・が
ベースフレーム出てないじゃん

RECAROの昔のデータ見たらあったので作ってもらおうと安易に
連絡すると・・・設定のあったTACOMAは前のタイプで、この車両
は新しいモデルのため、元々設定ございませ~んとバッサリ(´;ω;`)ウウ・・・

一から製作するという手もありますが、何かベースになる物があるのでは
と車両の寸法を測って、ベースフレームのデータを見ると・・・あははは
これが使えそうっと思い、後は加工でもすればいいやっと見切り発信!

やってみるとドンピシャ、多少の加工で装着する事ができ完了。
この車両RECARO外のメーカーのレールも出てないんですよね

Dscn3363_3 Dscn3381
エアランバーのホースの位置が逆だったので後で入替えました

 

2011年10月27日 (木)

最近ロードスター(NCEC)増殖中・・・RECARO ST-JCアルカンターラ

最近NCECのロードスターの方が多くいらっしゃいます。
ロードスターの方たちは拘りを持った方が多い車両ですが
NCECは以前のロードスターとは違った層の方達が乗って
いらっしゃるような気がします。

先日はSportSterのレザー&アルカンターラ装着でしたが
今回のお客様はSP-JCのアルカンターラ仕様をご選択
頂き装着させていただきました。

SP-JCはリクライニング電動、シートヒーターとRECARO社の
特許でもある、レカロベンチレーションシステムが装着され
夏場の背もたれ、座面の蒸れがなく大変快適に乗れるシステムです。
元々レカロベンチレーションは、湿度の高い年ほど腰痛の発生率が
高いという、湿度と腰痛の関係を調査し、開発されたシステムです。

Dscn7759_2 Dscn7757_2 Dscn7758

シート外周が通常アルカンターラでセンター部がパンチングアルカンターラ
となった、高級感あふれるシートですね

アルカンターラは日本の企業の特許の生地ですが大変高級な生地
で有名です。
欧州でも本革よりも高級な生地として扱われており、RECAROもレザー
より価格設定が高くなっております。

最近こういった高い製品を大事に長く使おうっていう方も増えてきました。
RECAROを購入される方の大半がその車一台に終わらず次の車、また次の車
と載せ替えて使用されていかれますよ

えっ?て言うことは、1回買ってもらうと次に買ってもらえないじゃん
気づかなかった。。。もっと早く痛むシートの販売に買えよっかなぁ(*^-^)

2011年10月24日 (月)

SUPRA JZA80 ハイフロータービン&ワイドフロントフェンダー他

先日アリストのカスタムのお話の中で最後に少しご紹介した
スープラのお話です。

TTEアリストから追加でスープラを手に入れ、その後アリストは
手放し・・・といってもまだ身近にあると先日確認でよかったぁです。

今回のご紹介のスープラは、サスペンションやブレーキと言った
基本をこれまでやってきましたが、今回ついに、パワーアップに・・・
(すでにブーストアップはしてありましたが・・・

オーナー様が選んだのはターボチャージャーの交換!
TO4Zを・・・っと思っていたのですが、いろんな諸事情から
純正を利用したいとのことで、ハイフロー化を選択

ハイフロー化に伴い、セラミックからメタルインペラーに変更し
アクチュエータも強化した仕様に!
左が純正右がハイフロー・・・明らかにインペラーサイズが違ってますよね。
これで格段に風量がアップします。
Dscn7617 Dscn7615

折角の高ブーストもヘッドガスケットが抜けてしまっては意味無いので
ガスケットもメタルに変更です。

せっせとブロックを磨くチーフメカニック「苫(とま)ちゃん」です。

(苫ちゃんは当社のラリー車を何年もノントラブルで走らせるつわものです余談でした)

Dscn7511_2 Dscn7516_2
Dscn7519 Dscn7530

タービンの多少慣らしも・・・しかしオーナー様はお忙しい方なので私が
休みの日に東名→東海北陸道→東海環状道とぐるっと一周PA・SA
グルメ旅?をして慣らし完了ι(´Д`υ)アセアセ
慣らしは一人じゃ退屈なので嫁も道連れにヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ポンプは以前に交換済みなので、今回はインジェクターを交換し
セッティング開始です。
もちろんセッティングも苫ちゃんが行います。
マネージメントは以前から装着しているHKSのF-CON V-PROで行います。
苫ちゃんは、HKS認定のF-CONマイスターとエキスパートの称号を持って
おり、セッティングの魔術師?(ちょっと言い過ぎましたヾ(_ _*)ハンセイ・・・)
Enb_m Enb_e

次にパワーアップに伴い、クラッチの交換ですが、ゲトラグミッションは
フライホイールを交換すると、ミッションからかなりのガラガラ音がでます
(GT-Rはそれほどでも無いですが???)
オーナー様はダンディな大人のオーナー様なので異音的な音はちょっと?
という事で、今回選ばれし者は・・・ジャーン!満場一致?でATSのサイレントク
ラッチさんです。
おめでとうございますW01

これは、ディスク素材はATS得意のカーボンツインで、ダブルマス構造の
純正フライホイールを使用することにより、ミッションからの音を出さない
ツインプレートクラッチです。
と言っても純正のフライホイールの当り面を使用するわけでは無いので
よほど歪が無い限り中古でそのまま使用できます。
ミッションのオイル漏れも見つかったのでついでに修理っと(^-^;
構造は下の画像をご覧ください。
最近SPEC2と言うモデルがでたので、SPEC2を装着・・・これは従来品より
踏力がより軽いのに圧着力が高い構造で、大変乗りやすいモデルです。
踏んだ感じは純正より軽い?ぐらい軽いです。
スタートを上手にするとややクラッチジャダーは出ますが問題ないレベルですね!

Silent_clutch_bnr341_2 Dscn7621

次には、以前装着したタイヤ・ホイールがかなりピッタリサイズだったので
今の規定だとフロントがやや厳しい?状況だったのでフロントをワイド化
しました・・・ついで(・_・)エッ....?じゃないけどボンネットも交換
Dscn7668 Dscn7670

Dscn7678 Dscn7676

11月27日(日)に開催される「TOYOTA GR GAZOO RACING FESTIVAL」
に展示の可能性もあるらしいです。

TOYOTAマニアの方達が大集合すると思いますので、是非TOYOTAファンの
方は足を運んでくださいね!
詳細はコチラです。

2011年10月20日 (木)

LOTUS エリーゼ 111R 水周りホースの交換

こちらのエリーゼはすでに7年が経過したため水周りのホースを
交換されたいとのことでご依頼頂きました。

ラジエーターホース以外純正なのに、待つこと2ヶ月以上┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
やっと入荷したので作業開始!
ラックでもこの作業の実績はなかったけど、ラジエーターの交換だけでも
結構時間がかかることは知っていたのである程度想像はしてたけど
想像以上に・・・・(;´д`)トホホ…

なんと燃料タンクまで下ろさないと交換できないところもあり・・・
時間かかっちゃいました

どうりで調べた工賃が高いはずです

部品点数も結構ありますが、部品の金額よりも断然工賃が上回って
しまいますが、備えあれば憂いなし?突然水漏れで走行不能っていう
のも困っちゃうしね!

Dscn7731 Dscn7728

この車のオーナーさん、次はRECAROもご検討頂いておりますが
これがまた一筋縄ではいかないんだなぁ~

2011年10月14日 (金)

TTE アリスト(JZS161)リフレッシュ計画(^^)

以前の店舗の時のお話ですが・・・

TTEアリストってご存知ですか?
TTE(TOYOTA TEAM EUROPE)、現在TMG(F1を走らせていた所)
のパーツを組み込んで新車で発売された企画車両なんです。
これは豊田として始めての事で、なんとこの企画の提案をしたのは
ラックなんです。

そんなラックとしても思い入れのある車両をお持ちいただいた
お客様は多々居られますが、このお客様のの車両はリフレッシュ
&バージョンアップです。

※以前にGAZOOのページでも連載していただきました。

先ずは基本を抑えてサスペンション周辺をリフレッシュ
ブッシュの打ち替えをすべて行いました。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

次にオーナーの希望がTTEセッティングでは少々頼りない走りをされる
方で、もっとスポーツに振った使用にセッティング変更
Tter1 R Photo_5

次にはヤッパリ、ストッピングパワーをアップ
アリストはブレーキがプアにもほどがある、と言うくらいひどく効きが悪い
車両でしたね!
好きな方はキャリパー交換が当たり前のような車両でした。
20061125_474 Trdf3

ここまでやれば、やはりモアパワーですね
インタークーラー前置き、エキゾーストはTTEサイレンサーを残し
センターマフラーとキャタライザーを交換しV-PROでセッティング
20061125_473 20061126_454

これで4百数十馬力(詳細忘れました)を記録しましたがサスペンション
もブレーキも問題なく安心して走れるようになったとさ(・∀・)イイネ

こちらのオーナー様は、買い増しでSUPRA(JZA80)を購入され
こちらも着々と現在進行形です

近日詳細をお伝えできるかと思いますので、皆さんまた見てくださいね

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »