« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月16日 (木)

バッテリー移設&ブレーキバランサー・・・FD3S

FD3Sですが、ラックでも移設が多い車種の1つにFD3Sがあります。
チューニングが進んできてエンジンルーム内にパーツが増えはじめる
とスペースの少ないFD3Sはバッテリーが邪魔になりますよね!
と言ってなくすことのできないパーツですし・・・

となると大物のバッテリーの移設を検討します・・・
そこで問題なのが・・・皆さん結構ご自分でやって見える方も見えますが
バッテリーの電源を後ろに持っていってつないで、マイナスをアースで
されてますが・・・それにプラスオルタネーターからの電源を忘れています。
ケーブルが長くなるので電圧降下し本来のバッテリーの性能が出てない
状況に陥ります。
Dscn9063_2

Dscn9064

ケーブルはオーディオにも使用しているケーブルを使用し、ターミナルも金メッキ
端子を使用しました。
これで電源は完璧です。
ロータリーは特に電気を食いますので重要なアイテムなので、軽視しないでくださいね(*^-^)

またこちらのオーナーはサーキットも走るのでブレーキバランサーを装着しました。
純正では、Pバルブが作用し、フロント8・リヤ2ぐらいのバランスになっており
サスペンションを交換してリヤの効きをあげても良い状況になったため純正
Pバルブを外して、可変式Pバルブを装着(Pバルブ=プロポーショニングバルブ)
Dscn9060
リヤの効きを上げることでフロントブレーキの負担も減り耐フェード性も向上します。

Dscn9065_2





 

2010年12月 6日 (月)

FIAT500 ABARTH・・・RECARO SportStarレザー装着

メーカーでは、装着未確認のABARTHに装着しました。
ただ、ABARTHには、シート下に純正にサブウーハーが
隠れているので、そのままでは装着できません。
経験とノウハウと技術が必要ですね!
Dscn8984

本日、SportStarのレザーモデルを装着させていただきました。
Dscn8978

助手席もレザーなので、レザー繋がり???

最近なぜか、アメ車とこのFIAT500他インポートカーのお客様がよく
お見えになります。。。う~ん・・・何でだろう・・・良くわかんないけど
とっても嬉しいです

私個人的にはインポートカーも大好きなので・・・(・∀・)ニヤニヤ
私の車暦の中にもVW3台、古~いBENZ2台、ローバー1台、
OPEL1台などなど・・・どうですか結構好きでしょ?
うん???たいしたことない・・・そうかもしれませんが。。。

乗ってみたことあるインポートカーはフェラーリなどスーパーカーも
含め数知れず・・・当たり前だろ仕事なんだからって思いました?( ゚д゚)ポカーン
すみません、予断でした。

装着できないかも知れない、っといわれると着けてみたくなるのがラックです。

是非ご相談くださいね


2010年12月 5日 (日)

PORSCHE996 RECARO左右装着させていただきました。

ベースフレーム0円キャンペーンの為、大変RECAROが好評で
最近毎日のように装着させていただいております。

昨日はPORSCHE996に装着させていただきましたo(_ _)oペコッ
Dscn8968

これからサーキットも、ということで運転席にはTS-G SKをチョイスし
助手席には彼女のためにSR-7をチョイス

TS-Gも最近のマイナーチェンジで、ロゴがシルバーになり、シルバーの
ダブルステッチも入り、SR-7とカラーが統一化されたため、左右でつけても
違和感なく装着できます。
装着ベースフレームは、ポジションの適正化のため、あえて996用を使わず
別の物を使用して装着しました。
Dscn8970 Dscn8971

シルバーメッシュのセンターが光沢もあり綺麗でオシャレですね

2010年12月 2日 (木)

コルベットZ06のサスペンション・・・終盤に近づいてきました・・・エルシュポルト

先日ご紹介させていただいた「コルベットZ06」のサスペンションの
セッティングが終盤に近づいてきました。
Dscn8962

すでに何度かのセッティングをしておりますが、純正のリーフスプリングを
残しつつのセッティングは、なかなかシビアですね。
Dscn8964

できるだけ、ストロークを確保するため、ダブルスプリング仕様で
セッティングしております。
オーナー様は、サーキットオンリーではないので、乗り心地も含め
ダブルスプリングでセッティングι(´Д`υ)アセアセ
Dscn4081

サスペンションについては、普段まったく扱うことのない車両を
お預かりすることが多いのですが、メカニック達はそんなことは
関係ない・・・っという感じで難なく分解して進めていきます。
メカニック達には本当に関心してしまいます。

今やってるアメ車、イタ車、フランス車、ドイツ車等、新車、旧車
数々の車両を扱って来ましたが、どれを見ても本当にメーカー
の考えてる事がよくわかり、いろんな車両を扱うことで、他車種に
応用できたり、新しい発見があったり、本当に楽しいですね

サスペンションというものは、電気自動車だろうが、ハイブリッドだろうが
どんな車両にもついており、構造はさまざまでも、やっていることは
みな同じ・・・
後は、どんなセッティングをユーザーが望んでいるのか?
それに対し我々がいかに近づけるかだと思います。

是非皆さんも気軽にご相談くださいね!
とりあえずラックには行きづらいなぁと思ったらメールくださいね!










ウィンターフェア好評開催中です。
是非皆さんで遊びに来て下さいね。
Top_jrc_round8

問い合わせ先
住所:愛知県愛知郡長久手町岩作琵琶ヶ池20-1
TEL:0561-63-0101 若杉and勝田
FAX:0561-63-3535
定休日:水曜日・第2火曜日

Recarorogo
ラック店舗紹介PAGE

Twitter_logo_header_5
ラック公式twitter

Logomain_3
ラック公式twitpic 

Coolma_2
ラックCoolamaショップNAVI

Mail:office@luck.co.jp
URL:http://www.luck.co.jp
MAP:http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E137.3.53.8N35.10.21.1&ZM=10



Top_index_28_3 Top_55 Gentex Top_pb_image

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »