« ランサーEVO-Ⅹ | トップページ | ダッシュ貫通ロールバー@S2000 »

2010年1月31日 (日)

TO4Zタービン@FD3S

先日タービン単体をご紹介したTO4Zを車両に取付しました???してます。
To4z1
T51やT88ほどではありませんが結構でかいですね!
ロータリーは排気量にするとたった1308CCですが、こんな大きなタービンが平気で回ってしまうほど排圧があります。
ポートを加工すれば尚らくらく回ってしまいパワーバンドが広がります。
5型以降だと純正タービンでもかなりパワーもでて早いのですがシーケンシャルの段つきがスポーツ走行では乗りにくく
熱害的にも厳しく、油温、水温がすぐにあがってしまうのですが、シングルにするとかなり熱も楽になり、ラジエータだけ交換すれば
オイルクーラーもほぼ純正で問題なく走行可能です。
熱によるパワーダウンのひどいロータリーもタービンシングル化するとかなり改善されます。
純正タービンは非常に壊れやすくはずした物を見るとほとんどの車両の物がクラックだらけで再使用できない物も多いですね!

今回現状使用しているインタークーラーを使いたいとのご要望で純正交換タイプを利用するためインタークーラーパイプを製作しますが
レスポンスを重視すべく最短レイアウトを検討しこんな形になり、もちろん現代のチューニングですからエアポンプは装着し
排ガスクリーンで早いマシン作りを目指します???coldsweats01
To4z2

ブレーキ周りの熱害対策もキット内容の物だけでは心もとなくサーキットユーザーならなおさら厳しくなるのでインシュレータ製作
Dscn2999
サーキットユーザーには全車お勧めしております。

燃圧調整にも調整式レギュレータを使用しますが、こんな形で某メーカーの物が純正位置に小加工でポン付できちゃいます。
Photo
某メーカーって見たらわかっちゃうよね(*^-^)

コチラの車両のオーナー様は今回始めてのお付き合いをさせていただく事になったお客様ですが、なかなかのつわものです。
というのも今までのブーストアップ状態でミニサーキットを走って見えたのですが、先日初めて鈴鹿本コースのフルコースを
走りにいかれたのですが、いきなり2’28で走ってしまったのでビックリです。
高速サーキットに慣れたらまだまだいけそうですね。
今後はタービンも交換もしているので、益々のタイムアップをしてくれると思います。

オーナー様はこれからDUNLOPのディレッツァチャレンジに参加予定ですが、これがまたすごいマシンばかりで・・・

是非がんばっていただきたいですヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノフレーフレー

問い合わせ先
TEL:0561-63-0101 若杉or勝田
Mail:office@luck.co.jp

« ランサーEVO-Ⅹ | トップページ | ダッシュ貫通ロールバー@S2000 »

MAZDA」カテゴリの記事