« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

TO4Zタービン@FD3S

先日タービン単体をご紹介したTO4Zを車両に取付しました???してます。
To4z1
T51やT88ほどではありませんが結構でかいですね!
ロータリーは排気量にするとたった1308CCですが、こんな大きなタービンが平気で回ってしまうほど排圧があります。
ポートを加工すれば尚らくらく回ってしまいパワーバンドが広がります。
5型以降だと純正タービンでもかなりパワーもでて早いのですがシーケンシャルの段つきがスポーツ走行では乗りにくく
熱害的にも厳しく、油温、水温がすぐにあがってしまうのですが、シングルにするとかなり熱も楽になり、ラジエータだけ交換すれば
オイルクーラーもほぼ純正で問題なく走行可能です。
熱によるパワーダウンのひどいロータリーもタービンシングル化するとかなり改善されます。
純正タービンは非常に壊れやすくはずした物を見るとほとんどの車両の物がクラックだらけで再使用できない物も多いですね!

今回現状使用しているインタークーラーを使いたいとのご要望で純正交換タイプを利用するためインタークーラーパイプを製作しますが
レスポンスを重視すべく最短レイアウトを検討しこんな形になり、もちろん現代のチューニングですからエアポンプは装着し
排ガスクリーンで早いマシン作りを目指します???coldsweats01
To4z2

ブレーキ周りの熱害対策もキット内容の物だけでは心もとなくサーキットユーザーならなおさら厳しくなるのでインシュレータ製作
Dscn2999
サーキットユーザーには全車お勧めしております。

燃圧調整にも調整式レギュレータを使用しますが、こんな形で某メーカーの物が純正位置に小加工でポン付できちゃいます。
Photo
某メーカーって見たらわかっちゃうよね(*^-^)

コチラの車両のオーナー様は今回始めてのお付き合いをさせていただく事になったお客様ですが、なかなかのつわものです。
というのも今までのブーストアップ状態でミニサーキットを走って見えたのですが、先日初めて鈴鹿本コースのフルコースを
走りにいかれたのですが、いきなり2’28で走ってしまったのでビックリです。
高速サーキットに慣れたらまだまだいけそうですね。
今後はタービンも交換もしているので、益々のタイムアップをしてくれると思います。

オーナー様はこれからDUNLOPのディレッツァチャレンジに参加予定ですが、これがまたすごいマシンばかりで・・・

是非がんばっていただきたいですヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノフレーフレー

問い合わせ先
TEL:0561-63-0101 若杉or勝田
Mail:office@luck.co.jp

2010年1月22日 (金)

ランサーEVO-Ⅹ

ランサーもインプレッサも共に新型になってユーザー層が変わったのか、それとも価格が高すぎるのか???
なぜか今までのモデルチェンジ後に比べるとユーザーが少なく感じています。
また、どちらのユーザーも今までのモデルの様にスポーツ走行をされる方も大変少ないですね!
Evo10
この車両先日ホイールを交換しましたが格好いいですよね!
19インチを思い切って装着してみましたがすんなり収まりいい感じです。

この車両ではありませんが別のEVO-ⅩのSST車両で先日ブーストアップを一式させていただきましたが、EVO独特の上が伸びない
感じが解消され全域で大幅にパワーとトルクが上がり大変乗りやすく早い車になりました。

昨日紹介したHKSのターボチャージャー装着してより楽しい車にしてみたいですね!
ご興味のある方は昨日のblogを見て頂いてご連絡くださいねsmile

この車両は実はMITSUBISHIで一番高い車です・・・というのはほぼフルオプションで内装本革RECARO付きのSST車両
何とこの車、車両価格が500万もするそうです・・・・・すでに2リッターの車両価格じゃないね。
今度でたインプレッサのR205という限定車なんと470万オーバー???どうなってんの
これじゃ若者が好む車に作っても買えないよ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

若いユーザーが楽しめて200万円前半までで買える車両が出て来ることを期待したいです。
FT86は期待しつつあまり期待しないほうが良いのか???でも今後を期待したい一台であることは間違いないです。
TOYOTAガンバレー(*^ー゚)bグッジョブ!!

最近では子供の手が離れつつある年齢のユーザー達が以前走っていた楽しさが忘れらず、また車両を購入して走り始める方
も多く、そんな方達にもこんな価格帯の車両があったら・・・・・と感じています。

皆さんはどんな車が出たら良いと思いますか?

                                                                                                                    

RECAROベースフレーム無料キャンペーン中!

3月末までの予定ですが規定台数に達し次第終了もありえますのでお早めに;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

当社ではRS-Gの開発にも積極的に加わり、当社からの提案で出来上がったモデルもあるほどRECARO社と密接な関係を持っています。

問い合わせ先
TEL:0561-63-0101 若杉or勝田
Mail:office@luck.co.jp

2010年1月21日 (木)

待望のポン付けターボチャージャー発売@ランエボ

HKSより待望のポン付けターボチャージャーが発売になります。

ランエボは従来タービンが逆回転のためエキマニからすべて交換するフルタービンキットしかタービンを交換できませんでしたが、
このタービンはいわゆるポン付けタービンとして専用設計にて開発されました。
純正と同等の価格でチューニングタービンが手に入る大変うれしいニュースですね!
Gtrs_image  
画像は本製品とは違います。

まだ詳細についてはわかっておりませんので取りあえずご紹介だけさせていただきますが、400psは狙える仕様となっています。

問い合わせ先
TEL:0561-63-0101 若杉or勝田
Mail:office@luck.co.jp

2010年1月17日 (日)

AT→MT換装 ZZT231

今まで何十台になるかわからないほど台数をこなしたミッション換装ですが、その中でもセリカをはじめ2ZZエンジン車両はとても
ご要望が多く、昨年もセリカだけでも5台位やってます。

セリカオーナーにも走りからドレスアップ志向までカテゴリーはいろいろあるにしろMT車が圧倒的に多いですね。
Zzt231
MTの換装と同時にECUをA'PEXのPOWER-FCに変更し、クラッチもATSのカーボンシングルにしました。
何年もATに乗っていたオーナーは久々のMTの為、広いラックの駐車場で発進の練習をしていただき帰られましたcoldsweats01

最近は以前にも増してセリカオーナーも多く、一部のオーナーからの依頼で3月28日にラックの駐車場でオフ会が開催される予定です。


問い合わせ先
TEL:0561-63-0101 若杉or勝田
Mail:office@luck.co.jp

2010年1月 9日 (土)

NSX Type-R

ラックでは少数のNSXですが、いままで携わってきた数は結構ありますね。
この車両は今回ATSのカーボンLSDの調整でお預かりいたしました。
Dscn2884
Dscn2885
NSXは乗ってみるとエンジンを始動した瞬間から他の国産車にはない雰囲気をかもし出しなんともいえずスーパーカーを感じます。
             ↑
   時代を感じる呼び方かな???・・・happy01

ラックのお客様でも一度は乗ってみたい国産車と言うとNSXという方が多い憧れの車ですね!
お値段の高い車ですがラックのNSXユーザーも結構サーキットに行かれる方も多くスポーツカーを満喫していらっしゃいます。
サスペンションに始まりクラッチ、LSDを中心にチューニングされる方が多いです。
ラックにNSXイメージがないかもしれませんが・・・是非ご相談ください。

ラックのBLOGなのに全然SUBARUネタがないなっと思っている方も多いかと思いますが今後又ネタを出していきますね!(*^-^)

問い合わせ先
TEL:0561-63-0101 若杉or勝田
Mail:office@luck.co.jp

2010年1月 8日 (金)

GT-R(BNR34) HKS Step-ZERO 2.8リッター V-CAM GT-SS

昨年一部ご紹介しましたHKS排気量アップキットの新製品の「StepZero」が年末ぎりぎりにようやく完成し、慣らしの為オーナー様にお渡しできました。
以前もお話しましたが、ラックで一番多く手がけているエンジンがRB26といっても過言ではないほどの台数をこなしています。
今回もただそのまま組むのではなく、エンジンパーツにも手を加えて組んでみたのでセッティングが楽しみです。
Dscn2850
14万キロ走った車のエンジンルームとは思えないほど綺麗。。。。。
オーナーの希望もあり、担当メカニックが拘りやサンのため時間をかけて綺麗にしてました。
実はかなり汚いエンジンルームだったので・・・オーナーさんごめんなさい・・・笑
折角組んだエンジンを綺麗なところに入れたいと思うのは当たり前だよね!

このオーナーは全くサーキット等には行かないのでモアワパーよりも下から走るレスポンス重視を求めて組み上げましたので
RB26とは思えない走りをするはずです・・・セッティング完了後が楽しみな一台ですね!

走りのレポートはまた後日したいと思います。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »